機内持ち込み手荷物と受託手荷物

機内持ち込み手荷物のルール

ピーチ航空で持ち込める荷物の数は「身の回りのもの」と「手荷物」の2つです。

2個を超えた場合は受託手荷物として預ける必要があり、追加料金が発生する場合があるため、手荷物の数はできるだけ減らしましょう。

大きさは縦横高さ3辺の合計が115センチ以内、重さは合計で10Kg までなので、注意が必要です。

60センチより大きいサイズの三脚、花火、6センチより大きいはさみなど持ち込みできないものもあります。

これらのルールは外から持ってきたものだけでなく、空港内で購入したものにも適応されるのであまり大きなお土産は買わないようにしましょう。

チェックを怠り、ルールを守らない人がいると飛行機の定時運行に支障が出る場合があります。

周りに迷惑を掛けないためにも、それぞれのモラルがある行動が必要です。

受託手荷物は有料です

基本のハッピーピーチプランには受託手荷物の料金は含まれておらず、預けたい方は手荷物を1つ預けられるハッピーピーチプラスを予約するか、追加料金を支払う必要があります。

インターネットで事前に予約しておくと、自動チェックイン機で搭乗券を受け取った後、すぐに預けることができ、料金もお得なのでおすすめです。

個数を変更する場合は、空港カウンターで頼めます。

当日に受託手荷物を申し込む場合は、手荷物カウンターで料金を支払い、荷物を預け引換証をもらいます。

引換証がないと手荷物を返してもらえないので、絶対に紛失しないようにしましょう。

預ける手荷物の種類によっても多くの規定があり、スポーツ用品や楽器など特殊なものはそれぞれ確認が必要です。

チャイルドシートや車椅子、ベビーカーは無料のため、気軽に利用しましょう。