ピーチの特徴

格安航空会社ピーチ航空とは

「ピーチ航空」は、日本初の格安航空会社(LCC)で、2012年3月から就航しています。

関西国際空を拠点にしていて、第2ターミナルはLCC専用になっています。

機体はピンクを基調にした鮮やかなデザイン。

ピーチは他の航空会社と比べて搭乗率が高いのが特徴で、また、ピーチのお客さんのなかには初めて航空機に乗る人も多く、男女比率が1:1で女性が多いことも特徴のひとつです。

格安航空というと安全面を心配する方もいるかもしれませんが、ピーチでは親会社のANAが整備を担当しています。

また、「安全のためなら立ち止まる勇気を持つ」、「安全は社会への責務であり経営の基盤」、「お客様の笑顔は確かな安全から生まれる」などの安全理念をもっています。

どうしてピーチ航空は安いのか

ピーチ航空の安さの秘密にはさまざまなものがあります。

目的地までの飛行範囲を最大4時間ほどと近距離にすることで、稼働率を高くしています。

座席間隔を狭くして座席数を増やした小型の機体を使用していることも安さの秘密です。

また、チケットはお客さん自らに手配してもらい、駅の改札を通るように自分でチェックインしてもらうことも、安さにつながっているのです。

その代わりピーチが使用しているマシンによって、世界最速級の速さでのチェックインを可能にしています。

機内では、新幹線のワゴンサービスのように機内の飲食物を有料で提供しています。

さらに数分の遅れでも待たずに出発します。

これらのコストカットなどによって、ピーチは格安を可能にしているのです。

ピーチ航空のチケット検索

→ こちらで探せます